期間限定の一人暮らしで自由な時間

私は兄弟4人の2番目で、私以外は男ばかりの家族。 一番下の弟は、まだ保育園でした。 学校に行きながら、幼かった弟の世話、家事全般をこなすのは大変でしたね。 社会人になってすぐ彼(今の主人)ができましたが、3年位経った頃結婚の話が出ました。

でもまだ弟が高校生で毎日お弁当だったので、卒業するまで待ってもらいました。 でも、ようやくその期間が経過したとき、ふと思ったんです。 ずっと家族の世話に明け暮れた私の青春時代。 このまま結婚したら、一緒に住む人がただ変わるだけ。 ちょっとだけ自由な時間がほしい! 父親と彼に理解を求め、半年だけ一人暮らしをさせてもらうことにしました。 アパートを借り、結婚後もそこに2人で住むという設定で話が成立。

自分のお気に入りのインテリアなど、1つ1つ揃えていくのは本当に楽しかったですね。 一人暮らしは実に自由であり快適そのもの、たまに彼が遊びに来るというパターン。 そういえば1つ思い出があります。 年末に遊びに来た彼が突然熱を出し、3・4日の看病後に治ったのは既に年明け。

今度は私に風邪がうつってしまい、仕事始めに出勤できず。 同じ職場だったため、一緒に休むのはまずいということで彼は出勤。 うつされた私は一人アパートで苦しんでいました。 今だから笑えますが、何かひどい話ですよね。 この一人暮らし、期間限定でしたが何にも代えがたい貴重な経験ができたと思っています。